ベージュ細胞ってなに?中年太りで悩んでいる人に朗報!

DHAやEPAの原料である魚油には、さまざまな健康効果が期待されています。なかでも、脂肪を燃やすある細胞に影響を与え、メタボリックシンドロームなどの改善に期待できるといいます。魚油が与える影響とはどのようなものなのでしょうか。

脂肪細胞の働きとは

私たちの体には、脂肪細胞と言われる細胞があります。脂肪細胞はこのような働きを持つ2つの細胞です。

  • 白色細胞・・・脂肪をため込む
  • 褐色脂肪細胞・・・脂肪を分解し熱を生産

脂肪を分解するはずの褐色脂肪細胞は年齢を重ねることでどんどん減少していき、その減少により太りやすくなったり、メタボになりやすくなったりする傾向にあります。

魚油によって現れるベージュ細胞とは

DHAやEPAは主に青魚の油である魚油に多く含まれていますが、このDHAやEPAを豊富に含む魚油には、ベージュ細胞という細胞を作り出す働きがあることが京都大学の河田照雄 農学研究科教授、後藤剛 同准教授らの研究によって分かったそうです。

魚油摂取は交感神経を介して、「脂肪燃焼細胞」を増やす-「魚油」の効果で体脂肪燃焼を促す新メカニズムを解明」(京都大学HPより)

魚油を摂取することによって、白色細胞が褐色細胞を機能を持つようになり、ベージュ細胞が形成されるという興味深い研究結果。ベージュ細胞が増加することで脂肪の燃焼が促進され、体脂肪の消費につながるそうです。

お腹回りが気になり始めた、またなかなか痩せなくなったなどの悩みがある人にとって、うれしい研究結果です。

プレママ必見。DHAは早産のリスクを減少させるとの研究結果

DHAは天然の成分であり、医師の許可のもとであれば妊娠中でも摂取OKです。現在は妊娠中のプレママ専用のサプリメントも登場しています。

そんなDHAに、早産リスク減というさらにうれしい効果があるということが分かったそうなんです。どのような効果なのか見ていきましょう。

DHAのプレママにうれしい新たな効果

DHAはさまざまな健康効果を持っていますが、お腹の中の赤ちゃんの神経細胞形成のサポートや妊娠中になりやすい便秘予防、またはイライラしやすい精神状態をリラックスさせてくれる効果など、妊娠中のプレママをサポートしてくれる働きを持っています。

プレママ専用のDHAサプリメントも人気で、かかりつけの産婦人科医に相談の上であれば、妊娠中に積極的に摂取したい成分だと言われています。

そんなDHAはプレママにとってさらにうれしい効果を持っていることが分かりました。

アメリカやオーストラリアでのDHA摂取実験の結果

アメリカのカンザス州立大学の調査

出産まで残り3分の2の期間中にフィッシュオイルオメガ3脂肪酸のDHAを1日600mg補う調査を行いました。その結果、早産の割合は2.96%から2.75%に減少。

オーストラリアの研究グループの調査

DHAを摂取した妊婦は、約15%の割合で早産を減少させることができたと報告。年間医療費は1,200~4,000億円程度減らせることになると試算されました。

こだわりサプリメント専門インターフェニックス公式HPより引用)

 

そのほかの実験では、400mgの摂取では妊娠期間を延長することができなかったとの報告もあり、1日の理想摂取量は、600mg以上は必要であると言われています。

このようにプレママにもうれしい効果があると分かったDHAは天然の成分であり、副作用の心配もほぼないと言われている安全な成分です。

ただし、妊娠中という大変デリケートな期間ですので、サプリメントは妊婦専用のものにし、摂取前に必ずかかりつけ医師のアドバイスを受けることをおすすめします。

DHAが美しいボディラインを作るって本当!?DHAの意外な効果とは

体内合成できない必須脂肪酸であり、悪玉コレステロールや中性脂肪の減少、または動脈硬化予防など、多くの健康効果を持っているDHAですが、実はその他にも隠された効果を持っていると言います。それはどのような効果なのでしょうか。

DHAの嬉しいすっきり効果

DHAといえば、健康維持や生活習慣病の改善など、多くの健康効果を持つことで有名な青魚に多く含まれるオメガ3系の脂肪酸ですが、実はこのDHAは、その他にも多くの働きや効果を持っていることをご存じでしょうか。

中でも注目を集めているのが、美しいすっきりとした体を作る効果なんです。特に美に貪欲な女性たちには人気なんだと言います。実はDHAには、痩せやすい体を作る働きがあるとのことですが、どのような秘密があるのでしょうか。

脂肪を分解する

DHAには、脂肪を分解してくれる酵素であるリパーゼの働きを活発にする効果があります。食事により体内に取り込まれた糖質は、私たちが体を動かすためのエネルギーへと変化します。

ですが、エネルギーとして使用されなかった分は、脂肪として体内へ蓄積されることになるのです。それにより内臓脂肪の増加、メタボリックシンドロームへと進行してしまいます。DHAを積極的に摂取することで、蓄積しやすい脂肪を分解してくれるのです。

引き締まった筋肉を作る

DHAはタンパク質の働きを助ける効果を持っています。タンパク質は言わずと知れた重要な体の構成成分で、体のさまざまな部分はこのタンパク質でできています。

質のいい筋肉の素となるのもこのタンパク質の働きをアップさせることで、脂肪をしっかりと燃焼させます。DHAはたるみのない引き締まった体作りのサポートをしてくれるのです。

EPAも一緒に摂ろう

DHAと同じオメガ3脂肪酸であるEPAも同時に摂取することで、さらに美しいボディラインが期待できるんです。

EPAはGLP-1と呼ばれるホルモンの分泌を活発にします。このホルモンは、食欲を抑える働きがあるため、食べ過ぎを防ぐことができます。

お腹の中の胎児期から育脳が始まっている!?プレママがDHAを摂ることの意味とは

さまざまな健康効果を持っているDHAですが、赤ちゃん用の粉ミルクにも配合されていることが多くなりました。赤ちゃんの脳にもいい影響を与えるDHAは、まだお腹の中の胎児にも関係しているという話もあります。

そのためDHAを積極的に摂取しているプレママも多いとのことです。どのような意味が隠されているのでしょうか。

DHAが胎児に与える影響とは

妊娠中のプレママが積極的にDHAを補給しているその理由は、実はこのようなことが挙げられます。

胎児の脳細胞の発達をサポート
出産後の子供の学習能力運動能力の向上

 

DHAは頭を良くする成分として有名で、さまざまな食品などに配合されていますが、まだ生まれる前の胎児の成長を助けてくれることが分かります。

いつからいつまで摂取すればいいの?

赤ちゃんの重要な細胞は妊娠初期から作られ始めます。DHAの摂取はできるだけ早く、そして出産後の摂取し続けることが理想です。母親の摂取したDHAは母乳を通して赤ちゃんへとつながるからです。

魚からの摂取はダメなの?

DHAは青魚に最も多く含まれていることはとても有名です。ですが妊娠中のプレママは青魚からではなく、プレママ用のDHAサプリメントからの摂取をおすすめします。

妊娠中は多くのDHA量が必要ですが、実は魚には微量の水銀が含まれていることがあります。毎日魚を食べ続けることは、摂取した水銀によってお腹の中の胎児になんらかの影響を与える危険性もあります。そのため、妊娠中は特に注意しておいた方がいいでしょう。

苦手な人が多い青魚の目玉。目玉は健康にいいは本当か

魚は好きだけど、魚の目玉が苦手だという人は多くいます。DHAやEPAが豊富に含まれている青魚ですが、トロっとした独特の質感の目玉には栄養素が多くという噂があるんです。

魚の目玉が健康にいいというのは本当なのか、目玉に含まれる栄養素について調査します。

魚の目玉は食べてもいいの?その栄養とは

魚の目には栄養がたっぷりと含まれており、食べた方が健康にいいという話があります。そんな魚の目にはどのような栄養素が含まれているのでしょうか。魚の目にはこのような栄養素が含まれています。

DHA・EPA・コラーゲン・ビタミンB1

 

魚の目を食べて大丈夫なのかと心配する人もいるようですが、魚の目は本当に栄養が豊富な場所なんです。DHAEPAはもちろん、コラーゲンビタミンB1も豊富です。むしろ食べることをおすすめします。

コラーゲンが含まれているため、生ではプルプルとした質感が特徴的です。やはり生のまま食べた方が栄養素の減少がなく、さらに独特の柔らかい食感で食べやすくなっています。

ですがどうしても生のまま食べられないという人は加熱してももちろんOKです。ただし栄養素の減少と、食感が生食よりも硬くなってしまうという変化はあります。