zunou

DHAの注目効果。頭が良くなるは本当?その仕組みとは

学習能力や記憶力向上効果があるとして、認知症予防にも活用されているDHAですが、なぜこのような効果が期待できるのでしょうか。その仕組みに迫ります。

DHAに期待される効果とは

DHAにはさまざまな健康効果がありますが、特に有名であり期待される効果がこのようなものが挙げられます。

記憶力向上効果
学習能力向上効果
アルツハイマー型認知症予防改善効果

 

DHAは主に青魚に多く含まれる不飽和脂肪酸で、健康にいい働きをするオメガ3脂肪酸に属する成分ですが、日本人の子供の知能指数が高い要因のひとつとして、魚を食べる習慣、和食にあるとして注目されました。

今ではDHA配合のパンなどさまざまな食品や、赤ちゃん用の粉ミルクも登場しています。

DHAがあたまが良くなる成分と言われるのはなぜなのか

DHAが頭が良くなる成分であると言われる所以はなぜなのか。そのヒントはこのようなことにあります。

血液脳関門を突破できる

血液脳関門とは、有害な物質が脳内に入り込まないよう、まさに関門となって通していいもの、そして悪いものを選別する役割を持っている部分です。

この血液脳関門を通ることができる物質はほんのわずかしかなく、DHAはそのわずかな物質の中に含まれています。

ニューロンの働きを活発にする

DHAはニューロン、いわゆる神経細胞の働きを活発にする働きを持っています。ニューロンはシナプスという触角のようなものを持っており、他のニューロンと合体する性質があります。

ニューロン同士が手をつなぐことで、スムーズな情報の伝達ができるようになるのです。

血流を良くする

DHAには血液の流れを良くし、さらにサラサラの血液にする働きもあります。十分な血液が脳内に流れると、酸素や栄養素が隅々まで行き渡るようになります。

DHAが頭を良くする成分と言われるのはこのような仕組みによるものが大きいと言えるでしょう。