gimon

比較されやすいEPA。DHAとの違いとは

どちらも青魚に多く含まれ、健康にいいとされる脂質オメガ3脂肪酸に分類されるDHAとEPAですが、その似たような性質から比較されやすい成分でもあります。

似たようにみえて実は違いもあるこの2つの成分ですが、どのような部分に違いがあるのでしょうか。

DHAとEPAその違いとは

DHAもEPAも不飽和脂肪酸であるオメガ3脂肪酸に分類されるとても似た成分ではあります。ですがこの2つの成分にはそれぞれ特徴があり、効果に違いもあるんです。その違いをきちんと理解すると、それらの効果を有効に得ることができます。

多く含まれている食材

DHAもEPAも最も多く含まれているのは青魚です。DHAを最も多く含むのはマグロ、EPAを最も多く含むのはイワシと魚の種類に違いはあるものの、どちらも青魚に多く含まれることに違いはありません。

働きや効果

DHAとEPAを比べてみると、その効果や働きには違いがあることが分かります。

DHA
脳の神経細胞や視神経細胞へ働きかけ、学力向上記憶力向上認知症予防などに効果を発揮します。また視力回復効果アレルギー症状の改善効果もあります。

EPA
血流を改善し血栓ができにくくしたり、血管の老化を防ぐことで、動脈硬化心筋梗塞の予防に効果を発揮します。コレステロール値を改善し、生活習慣病も防ぎます。

DHAは脳細胞や視神経へアプローチ、EPAは血液や血管へのアプローチが主たる働きです。

血液脳関門への働きかけ

血液脳関門はその名の通り脳の奥へ進むための関門のような働きをする部分で、有害物質を選別し、フィルターの役割を持っています。

この血液脳関門を通ることができるのはDHAだけで、EPAは通過することができません。そのため、DHAの方がEPAよりも脳への働きかけが強力だと言えます。

似ているようでさまざまな違いを持つこの2つの成分ですが、どちらもとても大切な成分であり、しかも体内合成できない必須脂肪酸です。そのためどちらも積極的な摂取が望まれます。