nuts

オメガ3脂肪酸はDHAやチアシード以外にどんな食材から摂れる?

青魚に最も多くのDHAやEPAが含まれていることは知っているけれど、魚が嫌い、毎日食べるのは難しいなど、さまざまな理由で摂取できない人もいることでしょう。

そんな場合オメガ3脂肪酸の効果を有効に摂取することができないのかといえば、それは違います。オメガ3脂肪酸は青魚に多く含まれるDHAやEPA以外の食材からも摂取可能なんです。どのような食材から摂取できるのでしょうか。

egomaoil

オメガ3脂肪酸とは

オメガ3脂肪酸とは体内合成不可能な必須脂肪酸であり、さらに健康にいい影響を与える脂質である不飽和脂肪酸に属している脂肪酸です。

オメガ3脂肪酸の代表的なものといえば「αリノレン酸」です。悪玉コレステロールを減少させ善玉コレステロールを増加させる、高血圧の解消ドロドロ血液を改善する効果があると言われています。

オメガ3脂肪酸が摂取できる食材

オメガ3脂肪酸が多く摂取できる食材といえば、DHAを多く含む青魚やスーパーフードであるチアシードなどが有名ですが、その他にもオメガ3脂肪酸を摂取できる食材があります。

植物系オイル

オメガ3脂肪酸であるαリノレン酸を多く含む食材のひとつに植物系オイルが挙げられます。例えばこの3つはとても有名です。

  • エゴマ油
  • 亜麻仁油
  • しそ油

どれも植物の種子から抽出したオイルで、60%ほどの含有率を誇っています。普段使いのオイルをこれらで代用しているという人も多いようです。

ナッツ類

くるみやアーモンドなどのナッツ類もオメガ3脂肪酸を多く含んでいる食材のひとつです。なかでもくるみは含有率が多く、約10%ほどです。

このようにオメガ3脂肪酸を含んでいる食材は色々とあるため、毎日の食生活に組み込んでいくことが大切です。