sashimi

DHAが豊富に含まれている食品

DHAは主に青魚に多く含まれていると言われています。その含有量は、その他の食品群とは比べものにならないほど高いものです。DHAはどのような青魚に多く含まれているのか、そしてどの程度含有しているのかを見ていきましょう。

ajinotataki

DHAが多く含まれる食品

DHAが特に多く含まれる食品は青魚だと言われています。100gあたりの含有量はこちらです。

  • 本マグロ2284mg
  • 丸干しイワシ2121mg
  • 筋子2170mg
  • サバ1780mg
  • ウナギの蒲焼1490mg
  • 生サンマ1400mg
  • 生ハマチ1730mg
  • 焼サンマ1140mgv
  • 生ブリ1780mg
  • アンコウの肝3650mg
  • マイワシ生1140mg
  • 生ウナギ1330mg
  • 焼サバ1370mg

一度で摂取可能な量を考える

食品100gでの含有量で比べることは簡単ですが、実際は魚の大きさや形状、比較的身近な存在の魚なのか、その金額などで摂取しやすいかそうでないか変わります。

100g中に多く含まれていても、1食分の含有量が少なければあまり効果的とは言えないからです。魚はそんなに安い食品ではなく、毎日摂取することが難しい場合も多くあります。そのような場合は、一度で摂取可能な含有量を考え、一番効率的に摂取出来る魚や食品、またはその方法を吟味すると良いでしょう。

約1食分の含有量はどれくらい?

含有量はその食品によってさまざまなため、食べる量によって摂取量が変わってきます。一食分でだいたいどれくらいのDHAが摂取出来るのかを知っておくと、どの程度食べると良いのかを計算出来ます。

  • ウナギの蒲焼一人分1192mg
  • 焼アジ1尾885mg
  • サバ一切れ1103mg
  • 焼サンマ1197mg
  • 筋子大さじ1杯540mg
  • ししゃも3尾266mg
  • 焼イワシ1尾5837mg
  • マグロ寿司1貫576mg
  • ヒラメ寿司1貫35mg
  • ハマチ寿司1貫346mg

このように含有量をあらかじめチェックしておくと、必要なDHA量の摂取のためにどれくらいの魚を食べなければいけないのかが分かりますよ。