premama

お腹の中の胎児期から育脳が始まっている!?プレママがDHAを摂ることの意味とは

さまざまな健康効果を持っているDHAですが、赤ちゃん用の粉ミルクにも配合されていることが多くなりました。赤ちゃんの脳にもいい影響を与えるDHAは、まだお腹の中の胎児にも関係しているという話もあります。

そのためDHAを積極的に摂取しているプレママも多いとのことです。どのような意味が隠されているのでしょうか。

DHAが胎児に与える影響とは

妊娠中のプレママが積極的にDHAを補給しているその理由は、実はこのようなことが挙げられます。

胎児の脳細胞の発達をサポート
出産後の子供の学習能力運動能力の向上
早産の予防や低体重胎児の予防

 

DHAは頭を良くする成分として有名で、さまざまな食品などに配合されていますが、まだ生まれる前の胎児の成長を助けてくれることが分かります。

いつからいつまで摂取すればいいの?

赤ちゃんの重要な細胞は妊娠初期から作られ始めます。DHAの摂取はできるだけ早く、そして出産後の摂取し続けることが理想です。母親の摂取したDHAは母乳を通して赤ちゃんへとつながるからです。

魚からの摂取はダメなの?

DHAは青魚に最も多く含まれていることはとても有名です。ですが妊娠中のプレママは青魚からではなく、プレママ用のDHAサプリメントからの摂取をおすすめします。

妊娠中は多くのDHA量が必要ですが、実は魚には微量の水銀が含まれていることがあります。毎日魚を食べ続けることは、摂取した水銀によってお腹の中の胎児になんらかの影響を与える危険性もあります。そのため、妊娠中は特に注意しておいた方がいいでしょう。