DHAの効果的な摂取方法

体内合成が不可能であり、年齢を重ねるとともにどんどん減少していくDHAとEPA。そんなふたつの成分はどちらも健康維持のためには必要不可欠な成分であり、不足すると体にとってさまざまなトラブルの原因を招くことになってしまいます。では、どのように摂取すればより効果的なのでしょうか。

抗酸化作用の強い成分と共に

DHAとEPAに共通して言える特徴のひとつに、非常に酸化しやすいということが挙げられます。調理をする際、熱などにはそこまで弱くありませんが、酸化しやすく壊れやすいため、取扱いにはとても注意が必要です。

そのため、抗酸化作用の強い成分と一緒に摂取し、DHAとEPAの酸化を防ぎましょう。そうすることで、これらの成分の効果をより一層感じることが出来ます。ビタミンCやビタミンEなどの成分がおすすめ。

DHA・EPAサプリなら抗酸化成分も配合されているので手軽に同時摂取ができます。DHAサプリについてはこちらが詳しいです「DHAサプリの選び方

DHAとEPAの同時摂取

DHAとEPAはどちらも健康に良いとされる不飽和脂肪酸であり、また健康維持に欠かせない必須脂肪酸でもあります。そんなふたつの成分ですが、この効果や働きに違いがあります。

非常によく似た成分といえますが、DHAもEPAもどちらもお互いに補いあって効果を高めているため、どちらかひとつの成分を摂取するより、どちらの成分も同時に摂取したほうがより高い効果を得る事が出来ると言われています。

加工食品を活用する

DHAもEPAもさまざまな食品に含まれていますが、中でも最も多く含まれていると言われているのが青魚です。その含有量は他の食品に比べ圧倒的であり、魚を食べることでDHAとEPAを十分に摂取出来ることになります。ですが、毎日決められた量を摂取し続けるのはそう簡単なことではありません。そこで活用したいのがフィッシュソーセージや缶詰などの加工品。

これら加工品は手軽な値段設定にも関わらず、DHAとEPAの含有量はたっぷり。しかも加工済のため、調理に時間を避けない人にもおすすめのアイテム。