ninpu

プレママ必見。DHAは早産のリスクを減少させるとの研究結果

DHAは天然の成分であり、医師の許可のもとであれば妊娠中でも摂取OKです。現在は妊娠中のプレママ専用のサプリメントも登場しています。

そんなDHAに、早産リスク減というさらにうれしい効果があるということが分かったそうなんです。どのような効果なのか見ていきましょう。

DHAのプレママにうれしい新たな効果

DHAはさまざまな健康効果を持っていますが、お腹の中の赤ちゃんの神経細胞形成のサポートや妊娠中になりやすい便秘予防、またはイライラしやすい精神状態をリラックスさせてくれる効果など、妊娠中のプレママをサポートしてくれる働きを持っています。

プレママ専用のDHAサプリメントも人気で、かかりつけの産婦人科医に相談の上であれば、妊娠中に積極的に摂取したい成分だと言われています。

そんなDHAはプレママにとってさらにうれしい効果を持っていることが分かりました。

アメリカやオーストラリアでのDHA摂取実験の結果

アメリカのカンザス州立大学の調査

出産まで残り3分の2の期間中にフィッシュオイルオメガ3脂肪酸のDHAを1日600mg補う調査を行いました。その結果、早産の割合は2.96%から2.75%に減少。

オーストラリアの研究グループの調査

DHAを摂取した妊婦は、約15%の割合で早産を減少させることができたと報告。年間医療費は1,200~4,000億円程度減らせることになると試算されました。

こだわりサプリメント専門インターフェニックス公式HPより引用)

 

そのほかの実験では、400mgの摂取では妊娠期間を延長することができなかったとの報告もあり、1日の理想摂取量は、600mg以上は必要であると言われています。

このようにプレママにもうれしい効果があると分かったDHAは天然の成分であり、副作用の心配もほぼないと言われている安全な成分です。

ただし、妊娠中という大変デリケートな期間ですので、サプリメントは妊婦専用のものにし、摂取前に必ずかかりつけ医師のアドバイスを受けることをおすすめします。