便利な缶詰レシピ

DHAとEPAは青魚に多く含まれています。 です、毎日決められた量を摂取するのはとても大変なこと。 調理にも時間をかけられません。 そんな時に活躍する缶詰メニューを紹介します。

DHAとEPAが青魚に圧倒的に多く含まれていることは知っていますが、毎日続けて食べることは簡単ではありません。魚自体決して安いものではないため、お財布にも厳しいことも。そんな場合活躍するのが缶詰です。缶詰は魚の豊富な栄養素がそのまま詰まっている栄養豊富なアイテムです。そんな缶詰レシピとは。

サンマ缶で炊込みご飯

サンマ缶は、サンマの栄養素だけではなく、旨味も一緒にギュッと閉じ込めた最高のアイテム。そんなサンマ缶を使って炊込みご飯を作ります。使うのはサンマの蒲焼缶。1合に1缶を目安に。(3合なら3缶)

  • といだお米にサンマ缶を汁ごと入れる
  • 生姜と適当な大きさに切ったエリンギをたっぷりと加える

味が薄いようなら、醤油を少し足して、米の量に合わせた水を入れたら後は炊飯器のスイッチを入れるだけ。茶碗に盛ったら浅葱を散らして。

野菜たっぷり沼サンド

最近大注目の沼サンド。陶芸家の大沼道行さんの奥様が作るキャベツたっぷりのサンドイッチのことです。

  • キャベツをたっぷりと刻んでおき塩コショウ
  • 水分が出たらしっかりと搾る
  • サバの水煮缶をほぐしてキャベツと絡めマヨネーズでしっかりとあえる

パンを2枚焼いたらバターを塗り、そこに先ほどの具、チーズをはさんでもう一枚のパンでサンドする要領で。真ん中で切って盛りつけたら出来上がりです。

煮物にも缶詰を

魚の缶詰を煮物に活用します。魚の種類も煮る材料もお好きなものでOK。今回は大根を使ってみましょう。

  • 適当な大きさに切った大根をだし汁・砂糖・みりん・酒・醤油の中にいれ柔らかくなるまで煮る
  • ある程度火が通ったところで魚の缶詰をイン

大根がしっかりと軟らかくなったら出来上がり。大切なのはこのふたつ。
だし汁ごといれる
途中でざっくしとかき混ぜる