sanma

DHAの基礎知識

DHAと聞いてもあまりピンと来ない人もいるのではないでしょうか。DHAは健康にとても良いとされる成分でありながら、その効果や働きについてはあまり知られていません。そんなDHAがどのような成分なのかを解説します。

DHAとはどのような成分か

DHAとは正式名称ドコサヘキサエン酸の略語で、体を作る必須脂肪酸のひとつです。必須脂肪酸とは、体内で合成されない脂肪酸のことで、不可欠脂肪酸とも呼ばれるほど、私達の体に需要な役割を果たしている成分です。

必須脂肪酸が不足すると、発育不全やさまざまな症状が現れ、健康を維持することが難しいとされています。青魚に多く含まれ、日本人の知能指数が高いのは、魚を良く食べる民族だからという説もあります。

DHAの健康効果とは

健康効果に優れていると言われている必須脂肪酸であるDHAにはさまざまな効果があると言われています。中でも頭が良くなる栄養素としてとても有名なことはご存じでしょうか。

血液をサラサラにする、視力を回復させる、ストレス改善アレルギー症状の改善などその働きは多岐にわたりますが、脳細胞を活性化させる効果やアルツハイマー認知症の改善効果は特に高いと言われています。

どうやって摂取すればいいの?

DHAは必須脂肪酸であり、体内合成出来ない栄養成分です。そのため、DHAを摂取するには体外より取り入れるしかありません。その方法は食事サプリメントなどの健康補助食品です。

DHAはさまざまな食材に含まれていますが、その含有量はごくわずかなんです。圧倒的に多いのは青魚と言われています。理想的な摂取量は1日1000mg以上のため、缶詰やサプリメントを活用しながらこまめに摂取するのが良さそうです。